So-net無料ブログ作成
前の9件 | -

ブラジルW杯の抽選ポット分けが決定 [日本代表]

ブラジルW杯の組み分け抽選会が迫って参りました。
どの国が死の組に入るのか、色々思惑が飛び交っておりますが、ポット3のアジアと北中米カリブ海の国々にとっては、どこも死の組に違いありません。

それ以外のポットの国からすると、メキシコと日本は避けたい、という光栄な話も聞きますね。

最悪の組み合わせは、

ブラジル、イタリア、日本、オランダ

あたりでしょうか。

逆に、希望の持てる組み合わせとしては、

スイス、アルジェリア、日本、ロシア

かな。

みなさんはどう思われますか。

中井卓大 レアル下部組織と契約きっかけはYouTube

中井卓大くん9歳。
このたび、レアルマドリードの育成機関への入団テストに招待され、見事に合格いたしました。

中井卓大.jpg

早速スペインに渡り、試合にも出場する予定のようです。

滋賀県の堅田小学校に在籍。あだ名は、「ピピ」だそうです。理由はいつもピーピー泣いているかららしいですが、すでにブラジルの名選手の薫りがします。

カカ、ジジ、ババ、ネネ、など、名選手の愛称を彷彿とさせますね。



レアルマドリードが中井卓大くんに目をつけたきっかけは、なんとYouTubeの画像です。



わずか7歳の時の映像です。ボールが足に吸い付いていますね。この辺が、和製メッシといわれるゆえんでしょうか。


和製メッシといえば、一足早くスペイン、それもレアルマドリーの最大のライバル、バルセロナで活躍している、久保建英くんがいますね。

バルサの久保君は、中井卓大くんの一つ上、10歳になります。早ければ、東京オリンピックで、U23史上最強のツートップ出現、てなことになるかもしれません。


もちろん、まだまだ子供です。順調に育つかどうかはわかりませんが、世界に誇るビッグクラブです。育成面も素晴らしいのは、それこそ、メッシ(本物)などを見れば間違いのないところ。

楽しみですね。



名良橋晃檄ヤセ原因は病気?

サッカー元日本代表の名良橋晃氏が檄ヤセしております。

名良橋檄ヤセ.png


ご覧の通り、ちょっとやばいくらいに痩せてます。

元々頭が大きい人でしたが、肉がおちてげっそりしてしまうと、頭の大きさが一層強調されますね。


名良橋選手といえば、鹿島アントラーズ不動の右サイドバックとして、また、1998年フランスワールドカップの時も、日本代表の不動の右サイドバックとして活躍していましたね。

ちなみに左には相馬選手がいましたね。

相馬.jpg


こちらは、引退しても良い感じです。現在は、モンテディオ山形でヘッドコーチを務めています。




さて、問題は名良橋氏です。

噂では、病気、だとか、ヤク中、だとか無責任な情報が飛び交っていますが、実際の所はどうなのでしょう。


周囲は気になって気になって仕方がないんだけれど、本人を前にすると、何故か申し訳なくなって聞き出せない、といったところだと思います。


けれども、ちゃんとサッカー解説者として仕事をしておられるわけですから、さほど心配する事はないのかもしれませんね。

女子バレーでK国人主審が不可解判定連発

誤審といえば、サッカーのお家芸かと思っていたのですが、女子バレーの日中戦でも、K国の主審が色々とやらかしてくれたそうです。


やっぱりK国絡みですか。


まったく国民をうまく教育しております、Kの国は。


スポーツとそういう事は別というのが一向に理解出来ないのも困ったちゃんですね。


日本バレーボール協会としては、主催の国際バレーボール連盟に抗議する予定もないと言うことですが、つまりは、これは日本のマスコミが騒いでいるだけで、実は許容範囲のジャッジングだったと言う事ですね。


ただの負け惜しみ、という事ですね。


そうでないなら、言うべき事は言わないとどんどんつけこまれるからね。ビデオ検証して、しっかり対応して欲しいところです。

ボアテング 移籍 ミラン 本田に追い風? [欧州サッカー]

イタリアの名門、ACミランに所属するケヴィン=プリンス・ボアテングのシャルケ04への移籍が決まったようですね。

ドイツ出身のボアテング選手ですが、A代表ではもう一つの母国、ガーナを選択。現在ではガーナを代表する選手です。

ポジションはトップ下。2010-11年シーズンにはACミランのスクデット獲得に貢献しましたが、イブラヒモビッチが去った後は、精彩を欠く事が多く、今回の移籍となった模様です。


ボアテング.jpg



そうなると、俄然本田の移籍が濃厚になってきますよね。CSKAと金銭面で折り合いがつかず、夏の移籍を諦めた形になっていましたが、ボアテング放出によって得たお金をCSKAに積めば、話は一気に転がるかもしれません。


本田も、ビッグクラブへの移籍をずっと臨んでいることですし、これが実現すれば良いのですが、もう一人気になる人物が話題に上っています。




カカです。

カカ.jpeg



いやー、かわいいですね。


奥様も綺麗です。


カカ奥さん.jpeg


レアルマドリーで三年間不本意なシーズンを過ごしたカカは、全盛期を過ごしたACミランへの復帰を希望していると言います。


カカ相手では本田に分が悪そうにも見えますが、カカも既に31歳。金銭的に考えても、本田に十分勝機はありそうですね。


キリンチャレンジ杯グアテマラ戦代表発表豊田外れる [日本代表]

サッカー日本代表が発表されました。
キリンチャレンジ杯で、9月6日には大阪の長居スタジアムでグアテマラ代表と、10日には横浜の日産スタジアムでガーナ代表と対戦する事が決まっています。



GKは不動の三人。

▽GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
西川周作(広島)
権田修一(F東京)


DFは駒野に代わり、前回のドイツリーグ戦でマンオブザマッチに輝いた酒井宏樹が復帰。

▽DF
今野泰幸(G大阪)
伊野波雅彦(磐田)
長友佑都(インテル)
森重真人(F東京)
内田篤人(シャルケ)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(ハノーファー)
酒井高徳(シュツットガルト)



MFとFWは便宜上の分類っぽいのですが、高橋落ちて、

▽MF
遠藤保仁(G大阪)
長谷部誠(ボルフスブルク)
青山敏弘(広島)
本田圭佑(CSKAモスクワ)
清武弘嗣(ニュルンベルク)
山口螢(C大阪)


豊田が外れて、大迫と斎藤学が入った、と言うことで良いのでしょうか。

▽FW
岡崎慎司(マインツ)
香川真司(マンチェスター・U)
柿谷曜一朗(C大阪)
齋藤学(横浜FM)
工藤壮人(柏)
大迫勇也(鹿島)



もちろんこれで決まったわけでもなんでもありません。競争が激しくなる事は良いことです。


今回の注目はセンターバックの二人でしょうか。


頑なに使い続けてきた吉田と今野のコンビがついに解消されるという話もあります。




長居でのグアテマラ戦といえば、2010年の同じ頃、ザッケローニが日本代表監督に就任することが発表された直後にも行われていた記憶があります。

原さんが監督代行という形で、森本が二点取って勝った試合でした。



その森本も25歳ですか。7年ぶりくらいに日本に戻ってきましたね。今からフォワード争いに加わるのは難しいのでしょうか。

中学生でJリーグデビューしたときは、度肝を抜かれたものでしたが。


遠い目。


おっと、森本の話になってしまいました。



この二試合、内容も結果も残して欲しいものですね。

サッカー日本代表柿谷本田香川豊田ウルグアイ戦でのコンビネーションはそして背番号

明日は、日本代表対ウルグアイ代表の試合が仙台の宮城スタジアムで行われます。


今回は、色々見所の多い日本代表になりました。

セレッソっぽい.JPG

対するウルグアイも3トップの一角、カバーニこそ欠場するものの、前回の南アフリカワールドカップMVPのフォルラン、そしてある意味最も印象深く、あとあとまで物議を醸したレッドカードを受けたスアレス、それ以外もほぼベストメンバーに近いようです。


気になるのは日本の布陣。
さきの東アジアカップのメンバーから10人を抜擢したザッケローニですが、どうやらスタートのワントップは柿谷のもようです。


本田との縦の関係はどうなるのでしょう。相性重視で清武先発もあり得ますね。


東アジアカップ2013でアジアに名乗りを上げた若き天才が、ついに世界にお披露目ですね。


香川、岡崎、内田などヨーロッパ組の何人かは、直前に試合があり合流もギリギリだっただけに、90分出場は難しいでしょう。国内組のチャンスは多いと思います。


次に気になるのは、豊田。
星陵高校では、本田の一つ先輩だった豊田。高校時代
「あの人には絶対かなわない」
と本田に言わしめた豊田と本田の久々の共演が実現するか。これも見所の一つです。


青山や山口蛍をどのあたりで使ってくるのか、これも興味がありますね。



今回、背番号がちょっと変わっているみたいです。伊野波と内田が、2番と6番を入れ替え、乾がつけていた19番を柿谷が背負います。前田の18番を工藤が、細貝の13番を蛍、ハーフナーマイクの11番を豊田です。



柿谷と工藤のところが逆っぽいですね。

ウルグアイ戦日本代表本田香川柿谷そろい踏み [日本代表]

ついに、8月14日にに宮城スタジアムで開催されるキリンチャレンジカップ2013のウルグアイ代表戦に臨む日本代表メンバーが発表されましたねー。

初優勝を飾った、さきの東アジアカップ2013、国内組だけで戦ったわけですが、その23人から一体何人が選ばれるのか、そろそろ予想記事を書こうと思っていたら、発表になってしまいました。

なんと間抜けな。

東アジアカップの日本代表は、代表キャップ数でいうと、駒野が突出して多く、75(東アジアカップが始まる前)でしたが、それ以外は全員一桁だったと思います。


そこで、期待された選手がそこそこの活躍をして、日本を初優勝に導いてしまったのですが、さて。



一応、発表前の予想を書きます。

ザックですので、あまり大胆には変えてこないと思っています。
GKはいつもの三人。つまり、西川権田の2人が東アジアカップ代表組と言う事になりますね。

CB、吉田、今野、森重、栗原 ここで2人。

SB、内田、長友、駒野、酒井高徳 ここ1人。

ボランチ、遠藤、長谷部、高橋、山口蛍 ここも2人。

二列目、本田、香川、中村憲剛、岡崎、清武、乾 ここは0人。

ワントップ、豊田と柿谷。 2人。


トータル9名。



で、結果は、




栗原が、伊野波。

あとはポジションちょっとずれるけど、中村憲剛が青山。

乾が工藤。


3人はずしましたか。国内組は、10名か。
ザックにしては多い感じがしますが、シーズン開始直前のヨーロッパ組に多少の配慮があったかもしれませんね。
タグ:豊田 本田 柿谷

柿谷曜一郎日本代表の彼女は誰?日韓戦で2ゴール東アジアカップ得点王

東アジアカップ2013が終了しました。若い時からその天才を謳われ、日本代表での活躍が待ち望まれていた柿谷曜一郎。
非凡なところを魅せてくれましたね。

柿谷c.jpeg

先日の韓国戦は、シュート2本で2ゴール。押し込まれる時間帯がほとんどだっただけに、柿谷がいなかったら多分負けていたでしょう。

なんせ、4歳からサッカーやってるんですから、それだけで驚きです。
そして、16歳でトップチームとプロ契約を結びました。クラブ史上最年少だったそうです。

確か、今イタリアのあちがった、今はUAEのチームにいる森本貴幸がヴェルディと契約を結んだのはもう少し若い頃だった記憶があります。

練習に遅刻を繰り返し、クルピ監督に怒られたりして、徳島ヴォルティスで二年半を過ごした事などは、周知の通り。
サッカーの天才が、苦労して人間的にも成長して、一皮も二皮もむけてセレッソ大阪に戻ってきてからの活躍、これまた周知のとおり。
海外のオファーの話もあったのですが、元ミスターセレッソ、森島寛晃氏にじきじきに「8番をつけてくれ」と言われ、即決したそうですね。


そんな、時の人、柿谷曜一郎ですが、彼女の噂を徳島で聞いた人がいるそうです。

大島優子.jpeg

けれども、よくよく調べてみると、今はサッカー一筋の生活で、彼女を作る余裕もないようですね。写真は、柿谷選手が「好みのタイプ」という大島裕子さんです。

我々ファンとしては、もう少しのあいだ、サッカー一筋でいてほしい、と勝手に思ってしまいますね。

前の9件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。